お金との付き合い

人はお金と切り離しては生きて行けないのに、どうしてお金の教育が幼い頃からないのか疑問を覚える最近です。何故かと言う、私がお金に無頓着だった余りに苦労をしたからです。結婚をして、「はい、今日から家計を管理して」と言われて、キッチリ管理している人なんているのかなと思います。みんなどうやって家計を管理して、そしてそれに正解はあるの?といつも思います。人はお金がないと生きていけない。だって、お金がないと物が買えないから。そんな大事な人と密接なお金の教育を幼い頃から教育に取り込んで欲しいと非常に思います。我が家が組んだこれまでのローンは奨学金、結婚式代、車、テレビ。みんなこれくらいはローン組むもんなのですかね、私は返済するのが本当にキツかったです。でも、私は最初家計の管理の仕方も分からなかったから、初めにたくさんのローンを組んで良かったと完済した今だからですが思います。否応無し必ず給料から引かれていくローン。払い始めてそのキツさがじわりじわりと分かってくるのは、たぶん、毎月必ず引かれていくからだと思います。その月でも出費も変わって、今月は少し余裕があるとかないとか、ローンはそんな事お構いなしに引かれていく、甘えが許されない厳しい世界だと思いました。お金は大切に。モビット審査についてはこちら

あるところにはある高額商品

テレビを観ていたらある番組で中古買取屋さんをテーマにした番組をやっていました。必要なくなったり、お金の必要性が出てきたりして今ある物を引き取ってもらうという番組でした。そこで出てくる金額が一般庶民では考えられないような額でびっくりでした。1人の若い女性はすべてもらったものとの事でしたが、数百万円のバックが数点と腕時計、査定金額は170万円。テレビだったからか買い取り業者が上乗せで200万円で買い取りになりました。今でもバブルの時のような内情が残っているのかと思うくらい、今でも貢ぐ人がいるものなのですね。しかし原価はその約10倍かかっているみたいですので、よっぽど持っている人がいるという事なのです。日本は不景気と言われますが、あるところにはあるみたいです。もう一人の奥様は三十代の女性でしたが、その希望買取品の品物と額の大きい事。時計が数千万円、アクセサリー1個数百万円、バックが1500万円など出るわ出るわ。本当にびっくりです。その女性は合計3000万円の買い取り価格にて契約成立でした。そのお金もバックから目の前に現金を並べるパフォーマンス。日本の不況はどうなっているのでしょう。裕福な人はいるものです。ただし、よく考えると数千万円のバックもこれまで使用されず、10分の1の値段で買い取りされるという事は投資であってもかなりの損。かなりの損をされています。使用頻度と投資額など考えると100均のお買い物バックの方が価値があるのかも。お金より現状や気持ちの持ち方をどうするかの方が大事な時代になってきているのかと思ったりした瞬間でした。プロミス審査甘い口コミはホント?【審査通るコツはここで】